英語が重要視される理由とは

世界には多くの言語が存在していますが、世界共通語として認識されているのは英語です。
では一体なぜ英語が世界共通語となったのでしょうか。

 

世界共通語と言われる英語

英語が世界共通語として認識されている理由としてまず挙げられるのが、イギリスやアメリカによる植民地支配の歴史です。

 

これらの国が数多くの国々を支配下に置いていたために、英会話ができる国々が拡大していったのです。また、言語の中で英語は比較的習得しやすいことも共通語になった理由のひとつとして考えられています。

 

日本語の場合は、ひらがなやカタカナ、漢字が用いられます。さらに、漢字には音読みや訓読みがあり、外国人にとって覚えることはとても難しいのです。

 

一方、英語の場合はアルファベット26文字だけで形成されるため、覚えやすいのです。

 

グローバル時代を生き抜くために必要な英語

企業の海外進出が加速し、グローバル人材の需要が高まっています。グローバル化が進む現代は英語が話せて当たり前ともいわれている時代です。

 

日本企業の多くで英語力が問われるようになり、英語を扱えないと他企業に差をつけられてしまう時代に突入しているのです。また、この傾向はより加速していくことになるでしょう。

 

しかし、企業で英語力が問われるようになったといっても、思うような人材が集まらない場合も多いと思います。そんなときに役立つのが専門家による多言語翻訳です。

 

通訳翻訳舎では英語はもちろん、中国語、ヨーロッパ言語、中東・アフリカ言語など、100言語に対応する通訳や翻訳サービスを行っております。
個人のお客様をはじめ、ビジネス文書翻訳やパンフレット翻訳、会議資料翻訳など法人のお客様の文書翻訳に関することもお任せください。出張翻訳も行っておりますので、社外に持ち出せない書類の文書翻訳をする際にも最適です。
翻訳料金は内容によって前後する場合がありますので、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。お見積もりの料金は無料となっていますのでご安心ください。

 


PAGE TOP