多言語ホームページを成功させるコツ

グローバル化に伴い、世界中のユーザーを対象に商品やサービスを紹介したいと考える企業様が増えています。しかしそのためには、様々な国の言語に対応した会社のホームページを制作することが必要不可欠です。
そこでこちらでは、多言語ホームページを成功させるコツについてご紹介したいと思います。

 

まずは英語のホームページを制作

世界には多くの言語がありますが、まずは英語に対応することをおすすめします。英語は世界共通語とされており、英語で表記することで日本の情報を見ようとする海外のユーザーの多くに情報を発信することができます。

 

今運用している日本語ホームページの全てを英語表記にしなくても、必要性の高い情報だけを英語表記するだけで効果があります。

 

進出する国や地域の多言語性について理解しておく

日本の公用語は日本語のみですが、海外には公用語が複数あり、同じ国籍でも言葉が通じないということがよくあります。

 

インドやフィリピン、シンガポールも多民族や多言語に対応するために複数の言語を国の公用語として規定しており、その他にも世界には多言語性を持った国が多く存在しています。よって、ターゲットとしたい国が多言語性のある国なのかを理解しておくことも、多言語ホームページを制作するためには重要です。

 

もし、公用語が複数ある国に対応したホームページを制作するのであれば、公開する言語に優先順位をつけて制作すると良いでしょう。

 

機械翻訳は避けよう

多言語ホームページを制作する際はネイティブが違和感なく読めることが重要になります。
しかし、多言語翻訳を機械翻訳に頼ると文法にミスが生じるなど、どうしても不自然な文章ができる可能性が高くなります。

 

文法や単語が間違いだらけのホームページではユーザーに不信感を抱かせる可能性もあるため、機械翻訳はできるだけ避けることをおすすめします。

 

多言語翻訳のことなら通訳や翻訳、外国人材サービスなどを行っている通訳翻訳舎をご利用ください。
英語をはじめ、中国語やポルトガル語、スペイン語にロシア語など100言語に対応しております。また、出張多言語翻訳にも対応しておりますので、安心してお任せください。

 


PAGE TOP