セントルラボ 経営支援・事業支援総合メニュー

セントルラボは、『世の中に本当の無駄なことをなくし、望ましい形で社会を効率化する』、をポリシーとしています。経営支援部門では、このポリシーに則り、社会に必要である会社が持続的に存続するために、あらゆる企業支援を行っています。丁寧なヒアリングを通じ、あえて特定の手段にこだわることなく、企業の課題に応じたカスタマイズド・ソリューションを、「攻め」「守り」の両面から提供します。

 

「攻め」・・・人と組織を中心とした経営・事業支援

社員は会社の財産です。しかしその財産を活かしきれない会社は沢山あります。それは、会社が社員と共に成長するという仕組みが出来ていないからにほかありません。会社の都合を一方的に社員に押し付けてはいませんか?社員の考え方には多様性があります。その多様性を尊重して、会社のベクトルと同じ方向を向けば、社員の成長も会社の業績も最大化できます。ただ、社員の一人一人の個性を正確に把握するのは、内部人材だけでは無理です。個人面談をしても、相手が上司で人事であれば、本音を話してくれることの方が少ないでしょう。そのような時に、外部人材としての我々が対応すれば、客観的に把握することもできますし、得られた情報を匿名化して組織開発に活かすことが可能です。このようなキャリアコンサルティングを通じた組織開発以外にも、様々な支援を提供します。
(対応実績業務例)教育・研修設計、チームビルディング社内コスト削減、業務監査、ベンチャー支援、事業立ち上げ支援

 

「守り」・・・顧問パッケージサービス

企業経営にはあらゆるリスクが存在します。税務だけではなく、ハラスメント、商標、特許、競合からの訴訟、従業員からの訴え・・・。経営に関わる問題は、第三者にわかるくらい顕在化した状態になると、ノーダメージでは済まなくなります。しかし、いつ起きるか分からないリスクに備えて、何人ものスペシャリストを顧問として受け入れる予算は割けません。顧問パッケージサービスは、企業経営に必要な複数の専門家がタッグを組んで、経営者の側で支えるサービスです。単なる守りだけでなく、攻めとのハイブリッドなアドバイスを致します。

 

PAGE TOP